『チビルヴィー』   我が家の白大福

アクセスカウンタ

zoom RSS ワクチン前後のレメディ

<<   作成日時 : 2009/05/31 01:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

旅に出るそうです…
画像


何処行くんだろう?
TVの中?
画像



鞄の持ち主も笑ってる…
画像



ところで本題。
どうやらシルヴィーのワクチン、来月7日に打たなきゃいけないようです。
去年打った獣医さんからお葉書が来ましたよ


今年は、この間行ったホリスティックの獣医さんで打ってこようと思いますが…

今度の獣医さんは生ワクチンを打つそうです。
その方が効果が持続するというのが理由だそうです。
(ワンを飼って2匹目だけど、今までそんな説明なかったぞ〜)

生ワクチンは不活化ワクチンよりも効果が持続するそうなので、
先生のお話具合から、今年打ったら1年半に一回ペースにしようと思ってます

最初は、今年打って、来年抗体をチェックして…なんて考えていたのだけど
抗体検査って全種類検査すと高いらしい。
なので、ワクチンを打った方が安上がりなんですって!

と、いうことでワクチン接種にする事にした訳ですが…
昨年、ワクチン接種後ちょっとぐったりしてたのもあって、ちょっと心配。


そこで、生ワクチンと不活化ワクチンの勉強。

生ワクチンは生きてる弱毒株だそうです。
接種後、体内で増殖して病気に感染した状態になるんですって。
この過程で抗体が出来るので非常に協力な免疫力が付く。
一方の不活化ワクチンは、殺したウイルスを材料にしているので
増殖はないそうです。
なので、生ワクチンに比べると免疫力が弱くって、持続力も劣るそうです。


昨年打ったワクチンを見たら、
ブリーダーさんでは、ファイザー社のバンガード5CV(6種)
2回目の獣医さんでは、ノバルティス社のノビバックDHPPI-L(7種)
両方ともハイタイターローパッセージのワクチン

ハイタイターローパッセージってなんじゃろ?

調べましたとも。

ハイタイター→高力価の事で、ウィルス量が高力価に調整されたワクチン
ローパッセージ→低継代

ウィルスをワクチン化するために、例えば細胞に沢山継代して病原性を弱めて使用するそうです。
なので、ハイパセージとなるそうです。
タイターもできるだけ低くして、ワクチンで発症する危険性を低くしながら、確実に抗体化防御できるように作られる。
それでは、移行抗体がカバーできないので、安全であればなるべくタイターを高くして、パッセージ継代も低くしようとする改良をしたという事。

だそうです。

生ワクチンだったのね〜
(生ワクチンが主流って事ね。)

今まで何も考えずにワクチン接種してた。

弱毒株と言っても、生きてるウイルスだからね
副作用が怖いので、レメディを使おうかと思ってます。

Thuja(スーヤ)200C


Thujaは、体内、血液の浄化、毒出し。
予防接種の害とストレスに効果を発揮するそうです。

狂犬病以外のワクチンに対して利用可能なんですって。
ワクチン接種と同時か同日に1用量を投与すると本に書いてあったけど、ワクチンの前日と翌日に投与する飼い主さんもいます。

ちなみに、狂犬病のワクチン接種と同時、または同日に1用量を投与するといいレメディは
リシン(Lyssin)30Cだそうですよ〜



ホメオパシーの錠剤って、基本的には、その錠剤を飲む人以外は触ってはいけないんですって
噛まずに口の中でゆっくり溶かすそうです。
ペットの場合はスプーンの裏でつぶしてあげると良いようですよ


探して購入しなきゃね


色々調べたところで、一番重要な部分に気がついた。
健康体に接種する事…
非常に高齢であったり、アレルギーがある子、慢性疾患、免疫不全、自己免疫疾患は接種の検討ができる。
副腎皮質ステロイド薬、一部の麻酔薬や薬物療法を行ってる場合はワクチン接種の必要性を慎重に検討した方がいいとな
♀犬に関しては、発情期の1か月前後、直後のワクチン接種は避けてくださいって…

アレルギーが酷い場合は、混合ワクチンも、狂犬病接種も受けれない証明書を獣医さんが発行してくれるそうです。
狂犬病予防接種も役所の窓口で相談できるそうです。

先住犬はアレルギーのチャンピオンって言われてたけど
獣医さん、何も気にしないで打ってたぞ〜

恐ろしや…




遊びに来てくれてありがとう(*^・^*)
ブログランキング参加してます〜ポチッとよろしくね


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
勉強になりました。 先日ラル君も狂犬病の注射をした後下痢しまして。。。。
丁度預けていたのでストレスかと思ったのですが、日記読ませていただいて当てはまった気がします。

先生からもらったお薬も飲ませましたが、下痢も止まったのでやめてサプリ復活の予定です。

いつも本当に参考になって助かります。
ぷにょん
2009/05/31 23:27
ぷにょんさま

狂犬病のお注射でピーピーでしたか…
ラルちゃんデリケートなのね

簡単に済ませちゃう予防接種だけど、午前中にとか、打った後、安静に…って言われるのも分かる気がしますね。


ラルちゃん
サプリで胃腸が丈夫になればいいのだけど…

チビルヴィーhaha
2009/06/01 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
script*KT*
ワクチン前後のレメディ 『チビルヴィー』   我が家の白大福/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる