『チビルヴィー』   我が家の白大福

アクセスカウンタ

zoom RSS 餌の怖〜い話

<<   作成日時 : 2009/07/03 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日消されてしまった怖い話。

餌のタタリか・・・なんちち。もんちっち。(古
でも、ホント恐ろしいと思った。

シルヴィーちんのブリーダーさんが教えてくれたHPを覘くと
とあるブリーダーさんのブログ。

ドッグフードのお話に、手作り食のお話。
ホリスティックを勉強してる私にはとても興味のあるとこ。

イヤ…勉強してなくても、知っといた方がいいかも。

アメリカやカナダのペットフードに肉骨粉の使用されてる事があるって聞いた事がある。

ペットフードの原料の肉骨粉には、狂牛病の牛とか
安楽死された犬・猫の死体が肉骨粉と化し、ペットフードの原料となっているという内部告発があったそう。


それを裏付けるように、ベントパルビタールという薬を使って安楽死された犬や猫が、原料になっているので
ドッグフードを食べてベントパルビタールに耐性を持つワンちゃんが増加されていると
アメリカ獣医師会から報告されたそうです。

ベントパルビタールに耐性を持つ→麻酔が効かない
とう事態が発生しているそうです。

表示を信じるしかないオーナーにとって、いくら気を付けても、防げない事ですよね。

そして以前、ペットフードのパッケージを見ましょうで書いた
ペットフードに使われている添加物の問題。
http://fuku-sylvie.at.webry.info/200902/article_13.html
酸化防止剤として使われているBHAやBHT
ドックフード選びは大切です。

ペットフードに使用される添加物の影響を直接受けたブリーダーさんのブログのお話ですが、
ドッグフードからレシピーを元に手作りに切り替えたそうです。
2、3か月後に交配した赤ちゃん達は
母体の栄養が足りなかったのか、母犬が胎児を吸収してしまうという事態が起きてしまったそうです。

自分の愛犬に仔犬がほしい方、調べてみてください。
栄養が不足すると母体を助けるため、胎児を吸収してしまうという事があると書いてあります。
レシピー通りに作ってもそういう事がある。

手作り食にしたブリーダーさんは、炭水化物や野菜・植物性タンパク質を中心にしている手作り食に疑問を感じているようでした。
私も先住犬の時は、アレルギーを治す為、
炭水化物や植物性タンパク質中心の餌に興味があったって実践していました。
今は、ホリスティックで手作り食を勉強していて考えが変わってます。

本来、犬や猫は肉食動物。
植物性タンパク質よりも動物性タンパク質を効率よく吸収できるそうです。

動物の体内では、必要量の必須アミノ酸が合成できないため、必ず食事中から摂取する必要があります。

タンパク質の品質は、必須アミノ酸がどの位含まれているかを計測するいくつかの方法によって決定されるそうですが…

適切なタンパク質の合成が行われる為には、正確な割合で同時に必須アミノ酸が存在する事が要求されるそうです。
最も不足してるアミノ酸を補わないと、他のアミノ酸の効力も栄養として発揮できないそうです。
(例:板をつなぎ合わせた桶、背の低い板が1枚でもあると、その背の低い位置までしか水は入りません。
それと同じ理屈だそうです。)
不足分と同じレベルでしか、タンパク質の合成を勧めることしかできない…
肉、卵、魚等の動物性タンパク質は完全なアミノ酸スコアーを持つそうですが、
大豆粉や穀物などの動物性タンパク質のアミノ酸スコアーは不完全だそうです。

ちなみに大豆は
高品質なタンパク質を含むけれど、「フェチン」という酵素を含み、亜鉛やカルシウム、リンの吸収を阻害。
食物繊維も多いので過剰な摂取は犬や猫の消化には適さないそうです。
充分な加熱処理、摂取量の調整、豆腐や納豆などの消化のしやすい形に加工された物を与える事が重要ですって。

話が少し脱線してしまいましたが、

手作り食にして6か月過ぎた頃のお話がまた怖い。

胎児吸収が落ち着いたとおもったら、今度は形成不全で生まれてくる仔犬ちゃんの率が非常に高くなったそうです。

スーパーでは手に入らないようなレベルのこだわった食材(無農薬野菜など)を与えているのに…

原因は、以前食べていた添加物入りのドックフードから、こだわった安全な食材の手作り食に切り替えたため
自分達の体に入ってしまった「毒」を、仔犬達に排毒という形で「毒」を回してしまったのではないかとの事。

6か月も経ったのに…


その後、奇形児を産んだ親犬達は、次から健全な仔犬を生うんでいるというのでそれしか考えられない…

例にベトちゃんドクちゃんのお話が書いてありました。
御両親は、ご自身が枯葉剤に接触したのにもかかわらず、
生まれてきた子供達ほどの明らかな障害が出ていない…そう考えると恐ろしい話です。

そこで我が家のシルヴィーちん。
最近よだれ焼けが凄い…顔全体が赤くなるんじゃないかというぐらいの勢い。
画像

なぜだかあかあかちゃんなのれす

唾液の酸化とか、ワンは毛孔が無い分、唾液から毒素が出てるとかいうけれど、
餌にはこだわっているし、原因不明としか言えなかった。
最近、オーガニックドックフードにしてから赤みが増した…無添加食材をあげているのに不思議だった。
(ドッグフードでは摂れない酵素はトッピングしてます!)
もしかしたら、知らぬ間に体内に入れていた毒素を一気に排毒しだしたのか?

大気汚染だってあるし、完全に毒を体内に入れない事は出来ないでしょうね。
ただ、溜まった毒は排毒させて、できるだけ体にいい食材を与えたいものですね。

その時食べている餌が、餌を与えてる時期か、切り替えてすぐに影響すると思い込んでいた私。
ブリーダーさんのブログを見て、もう少し様子を見て判断しようと思ってます。

またまた勉強になったhahaでした



長々と読んでくれてありがとう(*^・^*)
ブログランキング参加してます〜ポチッとよろしくね


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
script*KT*
餌の怖〜い話 『チビルヴィー』   我が家の白大福/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる